どのようなものが法律上グレーゾーンと言われるキャッシングの金利2

どのようなものが法律上グレーゾーンと言われるキャッシングの金利なのでしょうか。キャッシングの法改正が行われた2010年以前では、出資法と利息制限法という2つの法律が定める上限金利に差があり、法律的にグレーゾーンになる金利がありました。キャッシングの上限金は、利利息制限法では、元本によって違いはありますが15%~20%がであると決められています。出資法では、キャッシング利用時の金利は29.2%を越えなければ罰則はないとされていました。両者の金利差がグレーゾーン金利です。グレーゾーン金利があった頃は20%以上の金利で融資を行っているキャッシング会社は珍しくありませんでした。キャッシングに関する法律の改正によってグレーゾーンがなくなり、融資をより低金利で受けることが可能になったのです。キャッシングだけでなくクレジットカードの金利を引き下げたところもあります。その反面、法律の影響で以前より審査のハードルが高くなっていて、キャッシングをするのもなかなか難しいといいます。キャッシング会社の立場からすれば、低い金利でしか融資ができなくなった以上は、確実に貸付金を回収できなければ利益が上げられないためです。法律によって審査の基準が厳しくなったことで貸し手が見つからなくなった人を狙っている業者もあります。キャッシングの法律の改正によってヤミ金融など非合法のキャッシング業者が増加することが懸念されています。

サブコンテンツ